何歳から申込可能?楽天カードは何歳から入手出来るのか、徹底解説!

楽天カードを申し込むためには、申込者ご本人が発行可能な年齢でなければなりません。では、実際は何歳から何歳までの方が楽天カードを入手できるのか、解説して行きます。

未成年の申込には親権者の同意が必要

18才未満の場合

疑問に思うJonny楽天カードを作るにあたり年齢制限があり、18才未満の場合は入手できないことになっています。楽天カードに限らずクレジットカードの発行は原則無理だと思った方が良いでしょう。

中学校卒業後に一生懸命働いている方もいらっしゃいますが、指定の年齢になるまでの発行は難しいのです。車の免許などと同じと思っていただけると分かりやすいのではないでしょうか。

18才や19才(18歳以上の未成年)の場合

あなたがもし18才や19才といった未成年の場合は必ず親権者の同意が必要です。どんなに安定した職業についていて年収が著しく高い場合でも親権者の同意は必須なのでご注意下さい。

また、大学生や専門学校生といった学生の場合には、楽天カードアカデミーと呼ばれる学生のためのクレジットカードが存在するので、審査に通らない可能性を気にするのであれば、学生カードに申し込むのも一手です。

また、自分でクレジットカードの申込をしなくても、父親や母親といった両親が所有している楽天カードの家族カードを持たせて貰うことなどもできます。自分でお金の管理をするのは面倒!という方はご家族に頼んでみるという選択肢もあります。

ただし、家族カードはクレジットカードの利用履歴が親カードを持つ人(ここでいうご両親)に筒抜けになるので、それが嫌であれば、親権者の同意を得て自分名義の楽天カードを入手するのが無難です。

18歳であっても高校生はクレジットカード入手不可

今まで見てきた通り、18歳以上であれば楽天カードを入手できるのですが、高校生であると18歳であっても、原則楽天カードを持つことが出来ない事になっています。

ただし、職業訓練を行うような特殊な4年制や5年制高校(高専など)の場合には高校生でも楽天カードアカデミーの発行を許される場合があるので、どうしても希望されるのであれば楽天カード株式会社にお問合せ下さい。

20才以上の社会人なら誰でも申込OK

空港ラウンジを堪能するJonny20才以上の方で、安定した職業に就いている方はクレジットカードを申し込めます。もちろん、親権者などの同意は必要ありません。

また、楽天カードの場合、パートやアルバイト、派遣社員や契約社員などの不安定な職業の方でも、初めてクレジットカードを作るという場合には、余程の事がない限り審査で落とされることはないでしょう。

ただし、36歳以上になってから初めてクレジットカードを作る人は注意

ただし、初めてクレジットカードを作る年齢が上がれば上がるほど、クレジットカードを作るのが難しくなって行きます。

特に36歳以上になってから初めてクレジットカードを作る方は審査が厳しく、審査通過が難しくなってきます。「なぜ35歳で区切られるのか?」と思われる方もいらっしゃるかもしませんが、これには信用情報が関係しています。

あなたの信用情報は個人信用情報機関といういくつかの組織で管理されています。その管理期間は7年程と言われており、今回の「35歳以上で初めてクレジットカードを作るのは難しくなってくる」という年齢制限は、この7年という管理期間が深く関わっているのです。

信用情報は審査をする側からすると「35歳でカードを作ったこともローンを組んだ事もない=20代中盤で自己破産した可能性が高い」と見ます。

現金主義の方も稀にいらっしゃるかもしれませんが、大きな買い物をしたことのない人にカードを発行して、いきなり多額の信用取引をするというのは、クレジットカード会社にとって大きなリスクとなります。

なので、35歳以上の方で初めてクレジットカードを作るという方は、楽天ゴールドカードなどのステータスの高いクレジットカードを初めから狙わずに、年会費無料の楽天カードから入手しましょう。

最初は限度額を制限され可能性もありますが、楽天カードは思っている以上に簡単に入手出来るので、あまり難しく考えずに申込をしてみて下さい。

クレジットカードがなかなか作れない20歳~35歳はどうすればいい?

楽天カードのような年会費無料のクレジットカードでも作ることが難しいという方は、家族カードを家族に頼んで作ってもらう必要があるでしょう。

あなたが家族カードを利用した場合、支払い請求は家族カードの親カードを持っている方にされることになっています。すると、親カード(楽天カード)を持っている方にポイントも集約されるので、家族みんなで家族カードを持って、クレジットカードポイントを貯めればたまりやすくなります。家族カードを上手に活用して、簡単にポイントを貯めてみて下さいね。

働いているのに審査に通らない…そんな時は?: 安定的な職業に就いていて、信用情報に傷がつくような心当たりがないにも関わらず、クレジットカード審査に落ちる場合、あなたの信用情報を管理している個人信用情報機関に問い合せてみましょう。
非常に稀ではありますが、あなたの名義を他人が勝手に利用している場合や、同姓同名の方と勘違いされている場合、会社が誤って信用情報を傷つけているケースも稀にある為です。
万が一悪用されている場合、あなた名義の借金が膨らんでいる可能性もあるので、防犯のためにも是非、確認してみて下さい。

高齢になると審査が厳しくなる

先程もお伝えした通り、36歳以降はどんどんクレジットカードを作るのが難しくなっており、クレジットカードを作れる年齢は、原則20歳〜65歳となっているのが現状です。

ただし、実際には70才でも新規にクレジットカードを発行することが出来る方もいるので、このあたりの年齢に関する審査基準はカード会社によって異なってきます。

しかし、カード会社からしてみれば「年齢が高い=死亡リスクが高く、カードの利用金額が回収出来なくなる」といった貸し倒れリスク(貸したまま回収が出来ない危険性)が高いと審査されます。そういった理由から、年齢があがるにつれて審査が厳しくなる傾向にあると言われているのです。
また、定年退職を迎えられた60才以上の方も、クレジットカードの新規発行は難しいと言えます。

クレジットカードは正しく利用すれば、非常に便利でお得に家計を支えてくれる大事なものです。希望のクレジットカードが手に入らない!とならないように、在職中にクレジットカードを申し込むなどして、信用情報を育てておくなどの対策が必要でしょう。

まとめ

ここまで読んで下さった方は、楽天カードが作れる年齢や作りにくい年齢がお分かりいただけたかと思います。最後にまとめとして、年代別に表にしてみましたので、家族でクレジットカードを作る際などにお役立て下さい。

楽天カードはお得な入会キャンペーンもあるので、ぜひそちらも活用してみて下さいね。

年齢 可能性 詳しい解説
18才未満 ×(99%無理) 18才未満での楽天カード入手はどんな場合でも難しい。稀に高校で海外留学に行くなどという場合に審査が通ることもあるので、要問合せ(家族カードの発行も可能)。
18才~19才 ○(ほぼ可能) 親権者の同意があればほぼOK。社会人やフリーターなど働いている人はもちろん、大学生、専門学校生などの学生も入手可能。ただし、18才でも高校生は原則申し込むことが出来ないので注意。
20才~35才 ◎(容易に可能) 自分の意志のみでクレジットカードを申し込むことが可能。最もクレジットカードを作りやすい年齢だと言える。ただし、定期的な収入がない場合は審査に落とされる可能性が高い。
36才~59才 ○(ほぼ可能) 自分の意志でつくることが出来るが、この年になって初めてクレジットカードを作ろうとすると難しいことも。初めてクレジットカードを作るという方は、楽天プレミアムカードなどの審査が厳しいカードではなく、年会費無料の楽天カードをまずは作ってほしい。
60才以上 △(場合による) この年齢から初めてクレジットカードを作る場合、入会審査が厳しくなるようだ。会社員や会社経営者の方など、定期的に収入があれば審査が通る場合も多いが、年金のみで生活している年金受給者の場合、こちらも審査が難しいだろう。
年会費無料の楽天カードか、お子様に頼んで家族カードに申込をしてもらうのが得策だと言える。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 楽天カードは楽天市場でお得!
  • 提携店でもお得!
  • 通販で利用する場合でも安心!
  • 入会申込でお得!
  • 年会費など無料!
  • 楽天カードのその他の魅力!

各種楽天カードのご紹介