MasterCard,VISA,JCBはどう違う?楽天カードの国際ブランドを徹底比較!

楽天カードの国際ブランドの選び方

クレジットカードの国際ブランドとは、1つの国だけでなく、世界中で使えるクレジットカードブランドのこと。

5大国際ブランドよく知られている国際ブランドは、VISA、MASTERCARDの2大国際ブランドをして、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、AMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)、DINERS CLUB(ダイナースクラブ)、JCB(ジェイシービー)の5つ。一般的に、これらは5大国際ブランドと呼ばれています。

楽天カードは申込時に、MasterCard、VISA、JCBを選ぶことができますが、どの国際ブランドにするか悩まれる方も多いようです。

例えば、お持ちのクレジットカードにMasterCardのロゴが付いていれば、世界中どこでもMasterCard加盟店であれば使えます。地元のスーパー発行でも、海外で作ったカードでも、MasterCardが付いていれば世界中で使えるのです。

では、どのように国際ブランドを選べば良いのでしょうか。

VISAとMasterCardで90%以上のシェア

先程お伝えした様に、MasterCardやVISAなどのロゴマークが付いていれば、その加盟店で買い物が出来ます。つまり、多くの加盟店を有している国際ブランドを選べば、世界中のほとんどの国や地域でクレジットカードを使うことが出来るということ。

では、楽天カードで選択出来る国際ブランドはどのようなものがあるのでしょうか。

楽天カードで選択可能な国際ブランドを簡単に解説

国際ブランド名 普及度 解説
VISA
(ビザ)

世界NO.1の国際ブランド。VISAカードさえ持っていれば、世界中どこへ行っても基本的に困ることはない。VISA付きのクレジットカードを1枚は持っておきたい。発行実績において、日本でJCBに続き2位だが、使える店舗数はJCBカードよりも多い。

MasterCard
(マスターカード)

世界2位の国際ブランド。VISAと同様、基本的に世界中どこでも利用できる。日本において使えるお店はJCBカード以上にあるため不便さを感じることもないので安心。VISAとの2枚持ちがオススメ。

JCBカード
(ジェーシービー)

日本NO.1の国際ブランド。日本では使えないお店はほとんどない。古くからある商店などではJCBカードしか使えないことすらあるが、最近ではそのようなお店も少なくなった。また、JCBは海外でもスムーズに使えるよう、加盟店(JCBが使えるお店)の獲得にも積極的。世界に出てもある程度は使えるようになってきた。しかし、日本人がよく行く観光地以外で使うことが難しいので、海外に頻繁に行かれる方は不便に感じる可能性も。

VISAとMasterCardは世界1位・2位を独占し、世界のカード発行枚数の90%以上がVISAとMasterCardという状況を作り出しています。どの国際ブランドが付いたクレジットカードを作ろうか迷った時、この2大国際ブランドのどちらかを作れば問題ないと言えるでしょう。

今回クレジットカードを作るのが初めての方は、先程述べた様にVISAかMasterCardをおすすめします。しかし、すでに複数枚のクレジットカードをお持ちの方には2点確認してから、検討していただければと思います。

1点目は今まで作ったクレジットカードの国際ブランドが何であるか。2点目は各国際ブランドの独自サービスの比較検討です。

今持っているクレジットカードの国際ブランドを確認しよう

2013年11月現在、楽天カードを申込む際、VISA、MasterCard、JCBの3種類から国際ブランドを選ぶことが出来ます。すでにお持ちの他社カードがVISAなら楽天カードはJCB、次に作るクレジットカードはMasterCardといったように、国際ブランドをずらして取得しておくと効果的です。

クレジットカードの国際ブランドの上手な選び方

そうすることで、それぞれの国際ブランドのみに適用される割引やサービスなどが適宜受けられるので、個々のクレジットカードの活用方法が広がります。クレジットカードを複数枚持つ予定のある方にはオススメしたい方法の1つです。

国際ブランド独自の優待サービスやキャンペーンは見逃せない

楽天カードに入会すると、もちろんあなたは楽天カードのサービスが受けられます。しかし、それとは別に国際ブランド独自の優待サービスも受けられる様になるのです。

優待のない様に付いては、以下に詳しく書いてあるので、ぜひ見てみて下さい。自分がよく行く国に優待多かったり、日常でよく使っているサービスが10%オフ・老舗の高級レストランが20%オフ!なんていう優待もあったりします。

その辺りを比較して、国際ブランドを決定してみて下さい。

今まで国際ブランドを適当に選んでいたり、今回楽天カードを作るのに国際ブランド何しよう?とお困りだったりした方は、この2点をキチンと確認していただければ、国際ブランドを選ぶのにもう困ることはないでしょう。

日本で発行したVISAカードやマスターカードでも大丈夫

おすすめするジョニー時々、日本で発行したVISAカードやマスターカードでも世界中の加盟店で利用できますか?というご質問をいただきます。

答えはYES!世界中どこでも(加盟店であれば)使えます。

例えば、日本発行のVISAカードを中国やインド、アメリカなどにあるVISA加盟店(VISAカードが使えるお店)で使うことは可能です。

つまり、VISAやマスターカードといった国際ブランドには、国境という垣根は存在しないのです。逆にいえば、アメリカで発行したVISAカードは日本でも使えるということです。日本発行の楽天カードは日本国内のみしか使えないわけではないのです。

海外旅行でも国内旅行でも日常生活でも、楽天カードをフル活用して下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 楽天カードは楽天市場でお得!
  • 提携店でもお得!
  • 通販で利用する場合でも安心!
  • 入会申込でお得!
  • 年会費など無料!
  • 楽天カードのその他の魅力!

各種楽天カードのご紹介