まだ現金で支払ってる?楽天カードで国民年金保険料を納付してポイントをゲット!

プレゼンをするサラリーマン自営業の方や農業従事者、フリーターの方などが加入している国民年金保険。この国民年金保険料もクレジットカードで支払えることをご存知ですか?

年間にして18万円程の国民年金保険料をポイントを得ずに支払っているということは、ポイント分をドブに捨てているのと同じです。ぜひこの機会に、クレジットカード払いにして家計の足しにして下さい。

支払い回数は3種類から選択可能

国民年金保険料の支払い回数は、あなたの懐具合によって以下の3種類から選ぶことができます。(平成26年からは4種類?)

  • 毎月払い(1ヶ月ごとに支払う)
  • 6ヶ月前納
  • 1年前納
  • 2年前納?(口座振替のみ?[平成26年4月末の口座振替分から導入])

まとめて支払う余裕がないという場合には毎月払いが良いでしょう。ただし、前納するメリットがあるので、その辺りを詳しく見て行きましょう。

国民年金保険料は前納すれば割引が効いてお得

前納には前納期間に応じて割引が設定されているのが魅力です。

6ヶ月前納や1年前納をすることで、国民年金保険料を割引してもらうことが出来るので、お金に余裕があるという方は率先して支払ってしまうと良いでしょう。

前納するメリットは、割引されることだけでなく、支払い忘れや引き落とし漏れがなくなる点にもあります。

気になる前納の割引率は?

では、現金払い・口座振替・クレジット払いで割引率がどのように変わるのか。どどんと表にしました。

国民年金保険料の比較(平成25年度)

※1:2013年10月現在、2年前納は口座振替のみという発表しかありませんし、割引率は平成26年2月に確定するので、今回は数値に含めていません。この点は追って記事にしたいと思います。
※2:士別市役所ホームページより保険料引用

上図の様に、毎月現金で支払うよりも楽天カードで1年前納してしまった方が、3,200円+1,772ポイント分=4972円相当お得ということ。1年で約5000円も節約できるとは驚きですね。これも高還元率の楽天カードを使うからこそ出来る技とも言えます。

ただし、自分の分だけでなく家族の分まで国民年金保険料を支払っていると、思わぬ大金を前納しなくてはいけなくなるので、限度額には注意して下さい。

楽天カード払いにする方法

さて、ここまで読んで下さった方は、楽天カードで国民年金保険料を支払わない理由はなくなったはずです。ただ、「クレジットカード払いにする為に手間がかかりそう」とお考えの方もいると思いますが、実はかなり簡単。
以下、手順を簡単にお伝えします。

クレジットカード払いにする方法としては主に2つ。

 今の国民年金保険料の支払い方法を楽天カード払いにする方法は、以下の2通り。

  • 直接、最寄りの年金事務所に行く
  • 国民年金機構のサイトで申込書をダウンロードして郵送する

実際に年金事務所に行ってしまえば手続きはすぐなのですが、昼間の時間帯に年金事務所に行くことが出来ない方が多いと思います。その場合は、申込書をダウンロードして郵送する方が効率的です。

国民年金保険料の徴収率を上げる目的があるのかわかりませんが、平成26年4月から割引額が大きい2年前納制度が始まるようですので、今後はそちらも注視しながら支払い方法の選択をしていくことになりそうです。

ただ、2年前納は金額的に難しいという方も多いはず…まずは楽天カード×国民年金保険料で5000円節約しちゃいましょう!

楽天カード公式サイトで詳細を確認(ネット申込可)

入会+利用で5000円分の楽天ポイントが貰える!

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 楽天カードは楽天市場でお得!
  • 提携店でもお得!
  • 通販で利用する場合でも安心!
  • 入会申込でお得!
  • 年会費など無料!
  • 楽天カードのその他の魅力!

各種楽天カードのご紹介