日常生活の支払い方法を見直そう!楽天カードでお得にポイントを貯める方法

消費税増税や物価の上昇で家計は火の車…そんな状況を改善して、少しでも生活にゆとりを持たせたいですよね。そんなあなたへ今回は楽天カードを使って楽天スーパーポイントを今以上に貯める方法をお届けします。

きっと今以上に多くの楽天スーパーポイントを貯めれば、楽天市場で日用品や趣味に使うものから、もっと貯めて行けば旅行なんかも行けるまでになるかもしれません。

まずは日常生活上の支払い方法を見直して、生活の質向上を目指しましょう。

現金はなるべく出さない!楽天カードを日常生活の中で使うことを心がける

他のカードよりもポイントが遥かに貯まりやすい楽天カードを入手したら、あとは非常にシンプル。
どんな時でも楽天カードを使う。ただこれだけですが、これが楽天スーパーポイントを少しでも多く貯めるコツです。この方法はポイントを多く稼ぐ方法の基礎であり要でもあります。

『すでにクレジットカードは色々な場所で使っていますよー』という方も多いと思いますが、クレジットカードが使える場所が増殖中。意外に現金や銀行口座引き落としにしてしまって、ポイントゲットの機会を逸している可能性があります。

さて、下にチェック表を作りました。あなたはどれくらい現金で払っていましたか?

あまり知られていない楽天カードが使える場所
楽天カードが使える場所(もの) 解説
病院 総合病院だけでなく、歯医者や産婦人科でもクレジットカード払いできる場所は増加中。
薬局 ドラッグストアでの支払いはもちろん、調剤薬局(病院で処方された薬をもらう場合)でもクレジットカード払いOKになってきた。
保険代 医療保険や生命保険、車の保険など、様々な保険が今やクレジットカード払い可能。銀行引き落とし設定している方は変更できるか確認を。
国民年金保険料

国民年金保険料の支払いは楽天カード払いOK。銀行振込している方は、年金事務所へ直接変更しに行くか、変更届[PDF]に記入・郵送すればOK。

税金・年金(国民年金以外)

国民年金保険料の様に全国一律でクレジットカード払い出来る税金は少ない。そこで裏技を使う。税金についての攻略法は別途記事にしてあるので、こちらをご覧下さい。

電子マネー(一部)

楽天カードはモバイルSuicaとSMART ICOCAにチャージ可能で、ポイントも100円につき1ポイント付く。さらに、国際ブランドがJCBであればnanacoにチャージ可能で、ポイントが100円につき1ポイント付与される。

コンビニ

電子マネーで支払わない場合は、現金ではなくクレジットカード払いを選択。コンビニでのクレジットカード払いに抵抗感がある方がいるようだが、やってみると非常に簡単。

楽天ポイント提携店

こちらに一覧を載せました。コンタクトレンズ販売店や居酒屋さんなど、日々の買い物で使っていれば、知らぬ間にポイントが2倍・3倍になっている可能性あり。

(番外編)家賃

高額なので是非楽天カード払いにしておきたいところだが、楽天カードに限らず、クレジットカードで家賃を支払うのはほぼ不可能なのが現状。

いかがでしたでしょうか?意外に現金払いしている項目も多かったのでは?実は私は楽天カードを持つまで現金払いすることが多かったです。

ですが、楽天カードの仕組みを知れば知る程ポイントを貯めたくなり、色々と調べるうちに現金払いするよりもクレジットカードを使った方がポイントを貯めて好きなものを買えることに気付いたのです。

また、他のクレジットカードにはない楽天カードの仕組みについてはこちらに記載したのですが、その仕組みも、現金払いではなく楽天カードを使い倒して楽天カードマスターになる背中を押してくれました。

最終的にはクレジットカードマスター(笑)になることが、生活の質を上げることにつながって行くと思っています。

この記事に関する参考リンク:
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 楽天カードは楽天市場でお得!
  • 提携店でもお得!
  • 通販で利用する場合でも安心!
  • 入会申込でお得!
  • 年会費など無料!
  • 楽天カードのその他の魅力!

各種楽天カードのご紹介