楽天カードを取得するまでにかかる年会費・入会金はいくら?諸費用まとめ

楽天カードを取得するまでにかかる年会費・入会金はいくら?諸費用まとめ

インターネット上でもテレビCMでもおなじみの楽天カード。 CMでも言われている通り、魅力的な入会ポイントが結構ついてくるので楽天カードを作ろうかどうか迷っている方も多いはず。

しかし、クレジットカードを持ったことがない、クレジットカードの知識があまりないという方であれば『入会ポイントに惹かれたからと言って、楽天カードを申し込んでも大丈夫だろうか?』と不安になってしまうのもうなずけます。

そこで、今回は楽天カードの年会費やその他、入会後にかかる費用を徹底解説していきます。

 楽天カード入手においてかかる諸経費は?

プレゼンをするサラリーマン楽天カードを申込むにあたって最も心配なのは、余計な手数料などの費用が取られないかという点だと思います。

入会で楽天スーパーポイントが貰えたとしても、何らかの手数料がかかってしまえば入会で得たポイントが目減りしてしまうのと同じです。

年会費無料と大きく書かれていますが、それ以外に費用はかかるのか、検証してみましょう。

楽天カード入手には費用はかからない

結論を先に書いてしまいましたが、楽天カード入手には基本的に一切お金はかかりません。心配になっていらっしゃるであろう項目の費用をずらっと表にしてみましたので、参考にしてみて下さい。

諸経費 かかる費用 概要
年会費 0円 何年間保有したとしても費用は0円
入会費 0円 入会にかかる費用は0円(むしろポイントがもらえる)
入会金 0円 入会手続きにかかる費用も0円
カード郵送費 0円 楽天カードを送ってくるための費用も0円
郵便代 0円 銀行口座振替手続き費用も0円
発行費用 0円 発行手続きをする場合でも0円

いかがでしょうか?楽天カードの諸経費はまさに0円。もし入会時の楽天スーパーポイント目当てで楽天カードを申し込んだとしても、あなたが支払う費用は0円なので安心です。 入会キャンペーンは時期によって異なるので、キャンペーン情報をチェックして申し込んで下さいね。

完全無料で入会する際の注意点

ここまでかかる費用は0円とお伝えしましたが、気をつけなくてはいけないことが3点だけ。

  • ETCカードの発行
  • 利用明細書の郵送
  • 楽天Edy機能

ETCカード発行には年会費525円程度、利用明細書の郵送には1通あたり80円程度、Edy機能を付けるには発行手数料が315円程度がかかります。

その為、上記3点の項目は「ETCカード不要&ネット利用明細書&楽天Edy機能を希望しない」で申込をしてください。入会ポイント目当てで楽天カードを作りたいという方は、この3点に気をつければ手数料は一切かかりません。

楽天カードの申込時にかかる諸費用まとめ

「ETCカード・利用明細書・楽天Edy」たった3点注意すれば、楽天カードを申し込む際にかかる諸費用は基本的に0円。クレジットカードを初めて作るという方やクレジットカードにあまり詳しくないという方にも安心しておすすめ出来るカードです。

楽天カード公式サイトで詳細を確認(ネット申込可)

入会+利用で5000円分の楽天ポイントが貰える!

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 楽天カードは楽天市場でお得!
  • 提携店でもお得!
  • 通販で利用する場合でも安心!
  • 入会申込でお得!
  • 年会費など無料!
  • 楽天カードのその他の魅力!

各種楽天カードのご紹介