楽天銀行デビットカード(Visaデビットカード)を徹底解説

デビットカードとは?

デビットカードとクレジットカードは「カード」という形状は同じなので混同されがちですが、機能は全く違うものと考えた方がわかりやすいです。

デビットカードとクレジットカードの機能を比較してみます。

楽天銀行デビットカード
(Visaデビットカード)
楽天カード
使った分だけ自分の銀行口座から金額が即座に引き落とされる。 後払い。カード会社から一時的にお金を借りて、物やサービスを購入する。

お金の計算をするJonny

つまり、クレジットカードはショッピング時に手元にお金がなくても、クレジットカードの利用限度額の範囲内であれば買い物が出来るのに対し、デビットカードは自分の銀行口座にお金がある分しか使えないので、手元(銀行口座)にお金がないと買い物が出来ない仕組みとなっています。

デビットカードはショッピングなどでお金を使いすぎてしまう方には非常に相性の良いカードと言えます。持っている分しか買い物が出来ないので、お金を使いすぎることはなく安心です。

楽天デビットカードの申込・発行の条件は?

楽天銀行の口座を開設している満16歳以上の方であれば、誰でも申込・利用ができます。

ただし、残念ながら日本においては楽天デビットカード利用でクレジットヒストリーは構築できない様子。他社のデビットカードであれば可能性はありますが、望み薄と考えておいた方が良いでしょう。

楽天銀行デビットカード
(ゴールド)
楽天銀行デビットカード 楽天カード
(クレジットカード)
年会費
(税込)
3,000円 1,000円 0円
楽天スーパーポイント付与数 5ポイント
(利用1,000円ごと)
2ポイント
(利用1,000円ごと)
10ポイント
(利用1,000円ごと)
発行手数料
(再発行手数料含む)
無料 無料 無料
保険 ショッピング保険
盗難保険
盗難保険 商品未着あんしん制度
ネット不正あんしん制度
海外旅行傷害保険
カード盗難保険

上記の表では楽天で取扱いのある2種類のデビットカードとクレジットカードを比較してみました。やはり年会費・保険・楽天カードを持つ最大の利点である楽天スーパーポイントの還元率のどれを見ても楽天カードの方が有利ですね。

おすすめするジョニーショッピングに対して自制が利かないという方や、クレジットカードがどうしても作れない方には向いていますが、そうでなければ、年会費無料の楽天カードを作った方が断然お得です。

どうしても使い過ぎが心配…という方は家族のどなたかに楽天カードを作ってもらい、その上で、ご自身の家族カードを申し込んでもらうのが良いでしょう。そうすれば、楽天カードを持っている方に使った額や内容が伝わるので、お金の使い過ぎの抑止力になるでしょう。

楽天カード公式サイトで詳細を確認(ネット申込可)

[楽天カード公式]
入会+利用で5000円分の楽天ポイントが貰える!

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 楽天カードは楽天市場でお得!
  • 提携店でもお得!
  • 通販で利用する場合でも安心!
  • 入会申込でお得!
  • 年会費など無料!
  • 楽天カードのその他の魅力!

各種楽天カードのご紹介