セキュリティコードって何?クレジットカードのセキュリティーコードを図解

インターネット内でクレジットカードを使用する場合や、Edyなどの電子マネーをチャージする時に「セキュリティコードを入力して下さい」と言われて、セキュリティーコードって何?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 クレジットカード発行時も、普通のカード利用時にもセキュリティーコードについて聞かれることはないのですから、突然『セキュリティコードを入力してください』なんて言われても「どこに書いてあるんですか?」とパソコン画面に問いかけてしまいそうになりますよね。 ここではセキュリティコードが何者でどこに記載されているのかご説明していきたいと思います。

クレジットカードのセキュリティコードとは?

セキュリティコードの位置セキュリティコードとは通常、クレジットカード裏面のサイン欄上部に記載されている数字の一番右の3桁の数字のことを指します。 例えば、右記の参考例のように1234 567とかかれていれば567の部分がセキュリティコードとなります。カード会社によっては裏面にも16桁のクレジットカード番号を印字している場合があるのですが、その場合でも一番右端の3桁の数字がセキュリティコードと覚えておけば問題ないでしょう。
セキュリティコードの記載がないカードも
ごく一部のクレジットカードではありますが、セキュリティコードが記載されていないこともあるようです。実際、JCBの公式サイトには
カードの種類によってセキュリティーコード未対応の場合がございます。
と記載されています。 また同様に、セキュリティコードはサイン欄という非常に汚れやすい場所に記載されているため、クレジットカードの使用頻度によっては読み取り不能になってしまうケースもあります。 そんな時はとても面倒ではありますが、クレジットカード会社のサポートセンターに聞く以外方法はないようです。

アメリカン・エクスプレス・カードのセキュリティコードは例外

アメリカン・エクスプレス・カードをお持ちの方は「カード裏面を見たけどコードがない!」と驚かれたかと思います。実は、アメリカン・エキスプレス・カード(略称:アメックス)のセキュリティコードは例外なんです。 アメリカン・エキスプレス・カード提携のクレジットカードの場合、セキュリティコードはクレジットカード裏面ではなくクレジットカード表面に記載されています。しかも3桁の数字ではなく4桁の数字。よくわからないという方は下の図にコードの場所がありますので、確認してみて下さい。 個人的には規格でも作って、印字場所を統一してほしいですね。 アメリカン・エキスプレス・カードのセキュリティコードの位置   セキュリティコード印字場所は、クレジットカード番号15桁の右上あたり。クレジットカードデザインによって印字場所は違いますが、多くのカードは右上周辺にあるようです。

国際ブランド5社のセキュリティコードの名称と場所まとめ

国際ブランドごとのセキュリティコードの名称と桁数をまとめてみました。 各社、様々な専門用語でセキュリティコードのことを説明しているものの、オンラインショッピングする際の呼称は『セキュリティコード』でほぼ統一されていますので、専門的にクレジットカードを勉強している方以外は豆知識程度にご覧下さい。
国際ブランド名 名称 概要
VISA(ビザ) CVV2 CVV2はCard Verification Valueの略。 裏面の右端3桁の数字がVISAのセキュリティコード。
MasterCard(マスターカード) CVC2 CVC2はCard Validation Codeの略。 裏面の右端3桁の数字がMasterCardのセキュリティコード。
JCB(ジェーシービー) なし JCBブランドのセキュリティコードも裏面の右端3桁の数字。
American Express(アメリカン・エキスプレス) CID CIDはCard Identification Numberの略。 アメリカン・エキスプレスブランドのセキュリティコードは表面の右端4桁の数字。他のブランドと異なるので注意。
Diners Club(ダイナースクラブ) なし ダイナースクラブブランドのセキュリティコードも裏面の右端3桁の数字。
図からわかるように、アメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードを持っていない限りは、セキュリティコードは裏面にがあるのだと認識しておけばよいでしょう。

セキュリティコードの意味を理解して楽しいショッピングライフを送りましょう

セキュリティコードの情報はクレジットカードの磁気ストライプの中に含まれていません。つまり、セキュリティコードはカードに印字されている、カード会社とあなたしか知らない情報。つまり、クレジットの安全性を高めてくれる意味合いを持っていると言われています。そのため、スキミングなどの犯罪でセキュリティコード番号が流出する可能性がない点が素晴らしい。 しかし、利用者自らが番号を入力してしまうフィッシング詐欺などではセキュリティコード番号が流出する可能性があります。 カード番号などの情報をむやみにメモなどとして残さない、クレジットカードを紛失したらすぐにクレジットカード会社に連絡など、不正利用対策をしっかりして、便利なオンラインショッピングを楽しんで下さいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 楽天カードは楽天市場でお得!
  • 提携店でもお得!
  • 通販で利用する場合でも安心!
  • 入会申込でお得!
  • 年会費など無料!
  • 楽天カードのその他の魅力!

各種楽天カードのご紹介