信用情報とは?

答え:

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する借入や返済・支払状況・利用残高などの個人の経済的な信用を表す情報のこと。

具体的には、個人の「生年月日・勤務先・住宅情報」や「ローン支払い情報・残高・契約情報」などが挙げられます。個人情報の1つと考えて良いでしょう。

この属性情報や返済能力に関する情報を元にクレジットカード会社などの企業は信用審査をしています。

解説:

信用情報は複数の会社に管理されている!

なんと、これらの信用情報は民間機関である信用情報機関に登録されています。たしかに、誰がどのようなローンを組んでいて、どのくらいの残高があるのか等の情報を管理する人(会社)がいて、まとめておいてくれなければ、申込者と信用取引が出来るか審査出来なくなってしまいますよね。

信用調査をする企業(クレジットカード会社など)は信用情報機関(信用情報をまとめる会社)から情報を得ているのです。しかし、過去に一度もクレジットカードやローンを利用したことがない場合は何も情報が登録されていません。逆にクレジットカードやローンを利用している場合は、利用残高と返済履歴が蓄積されて、信用情報が作られていきます。

もし、支払いが滞ったりした場合、その記録が情報として登録されます。すると、新しくクレジットカードを作ったり、各種ローンに申し込む際にその情報が審査する人に確認されるでしょう。その結果、「支払いを滞らせたことがある」という事実が審査に悪影響を与え、クレジットカードが作れない。ローンが組めないというケースが発生するのです。

  • 楽天カードは楽天市場でお得!
  • 提携店でもお得!
  • 通販で利用する場合でも安心!
  • 入会申込でお得!
  • 年会費など無料!
  • 楽天カードのその他の魅力!

各種楽天カードのご紹介