楽天カード申込に必要なものは何ですか?必要書類を教えて

答え:

楽天カード申込に必要なものは、基本的に銀行口座と本人確認ができる身分証明書のみです。別途、収入証明書や公共料金の領収書などが必要な場合もあります。

解説:

楽天カード申込に必要なものは銀行口座(一部ネット銀行は不可)と、申込本人の確認ができる身分証明書のみです。それ以外には特には必要ありません。

ただし、別途書類が必要な場合もあるので、それについては最後にご説明しますね。

銀行口座について

楽天カード申込に必要な銀行口座は、基本的にどの銀行口座でも構いません。都市銀行などはもちろんOKですし、ゆうちょ銀行なども可能。また、楽天グループの楽天銀行でも問題はありません。

ただし、一部の新興ネットバンクでは楽天カード申込が出来ないケースもあるのでご注意ください(システム上、対応していない)。

本人確認資料(身分証明書)について

楽天カードを申し込む時には本人確認資料は必要ないのですが、申込者本人かどうかを確認する身分証明書の提示が必要になります。

楽天カードを配送してくれた方に以下のうちどれかを提示して下さい。

  • 運転免許証(写) ※裏面に記載事項がある場合は両面
  • パスポート(写) ※写真掲載部分および住所記載部分
  • 健康保険証(写) ※氏名・生年月日・住所記載部分、カードタイプは両面
  • 住民票(写) ※発効日より6ヶ月以内のもの

これらの身分証がないという方の場合には、発行を断られる可能性が高いのでご注意ください。通常であれば、健康保険証は皆さんお持ちのはずですし、それが手元にない場合でも住民票くらいは簡単に入手できるはずです。

別途、追加書類が必要な場合もある

銀行口座と身分証明書があれば申込・発行完了する場合がほとんどですが、

  • 申込内容と本人確認資料の内容が異なる場合
  • キャッシング利用の場合

以上の場合は、追加で書類を提出する必要が出てくる場合があります。

申込内容と本人確認資料の内容が違う場合

運転免許証と実際の住所が違う!という方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。そのような方は本人確認資料とは別に次の資料いずれか1点が必要となります。

  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・電話・NHKのいずれか1点)
  • 社会保険料の領収書
  • 国税・地方税の領収書あるいは納税証明書

どの資料とも、領収書日付があり、発効日より6ヶ月以内の本人名義のものでなければならないので、注意して下さい。

キャッシング利用の場合

キャッシングを利用される場合は、審査状況によっては下記の書類が必要になる事あります。複数ヶ所から収入がある場合は、それぞれの所得を証明できる「収入証明書(コピー)」が必要になります。

  • 源泉徴収表
  • 給与支払明細書
  • 特別徴収税額の通知書
  • 課税(所得)証明書
  • 確定申告書

今すぐに楽天カードがほしいという方は、上記の提示資料をきっちり揃えて、スムーズな手続きを目指して下さいね。

  • 楽天カードは楽天市場でお得!
  • 提携店でもお得!
  • 通販で利用する場合でも安心!
  • 入会申込でお得!
  • 年会費など無料!
  • 楽天カードのその他の魅力!

各種楽天カードのご紹介